邦画

人との付き合いが苦手なマジメな「馬締光也」が、人とつながるための言葉を作る(舟を編む)

2012年に本屋大賞に輝いた原作を元に2013年に映画化された作品。マジメ一筋の出版社写真の馬締(まじめ)が、様々な人々と関わりながら「国語辞書」を編纂する物語。

本作は「言葉オタク」だけど、人とのコミュニケーションが苦手な主人公が、辞書編纂を多くの人達の力を借りて成し遂げる過程で、「言葉」の力を真に自分のものにしていく、人とつながり豊かな関係を築いていく物語だ。

「言葉」とは何か?私たちは、辞書を使って自分が伝えたい事の適切な言葉を見つけ人に伝える、聞いた言葉の意味を辞書で調べ人が言いたいことを理解する。そう「言葉とは人とつながるためにあるのだ」ということを馬締めは辞書編纂の中で気づくのである。

松本先生

言葉の意味を知りたいとは、誰かの考えや気持ちを性格に知りたいという、それは人とつながりたいという願望じゃないでしょうか。私たちは今を生きている人たちに向けて辞書をつくらなくてはいけない。

人間関係に悩む人にとって、言葉、コミュニケーションをとらえなおしてみることができる。そしてヒロインの宮崎あおいがかわいいので観るべき。

作品情報

2012年に本屋大賞に輝いた原作を元に2013年に映画化された出版社を舞台としたヒューマンドラマ。「国語辞書」を編纂する物語というなんとも珍しい仕事にフォーカスし話題となった。映画は、アカデミー賞をはじめ多くの賞を受賞し、アニメ化もされた。

製作:2013年/上映時間:133分/監督:石井裕也

予告動画

原作本「舟を編む」著・三浦しをん

マンガ「舟を編む」原作・三浦しをん/まんが・雲田はるこ

あらすじ(ネタばれあり)

出版社に勤める馬締(まじめ、松田龍平)は、辞書編集部に異動し、大渡海という国語辞典の編纂に携わることに。馬締は、人と話すことが苦手な内気な青年。学生時代から同じ下宿に住み、一人で本を読む日々を過ごしていた。編集部には、彼とは対照的に明るく社交的な先輩西岡(オダギリジョー)、若者言葉なども貪欲に吸収する辞書の監修役である国語学者という松本など、個性的なメンバーが。

馬締は、彼らと一緒に仕事をする中で「言葉とは人とつながるためにある」ことに気づく。本来の使い方とは違う誤用であっても実際に使われているという事実を大事にする、生きた辞書づくりの大切さに気づく。そんな内気な馬締だが、下宿のおばあさんの孫のかぐや(宮崎あおい)に一目惚れをする。思いをどう言葉で伝えるのか悩みもだえる。

screenshot:Youtube 映画『舟を編む』予告編

物語の後半は、一気に12年後に飛ぶ。まだ辞書は完成していない。この話の流れ自体が、辞書編纂が長い月日をかけて根気ある作業を続ける必要があることを伝える。そしていよいよ、辞書の刊行日が決まるが、最後まで様々な困難がまちかまえる。

screenshot:Youtube 映画『舟を編む』予告編

みどころ:「内気な馬締」と「社交的な西岡」が言葉でつながる

私がこの作品で好きなのは、馬締と先輩西岡の関係だ。はじめは水と油のようだった2人が、言葉を交わし理解し合っていく。それはヒロインかぐやとの関係もそうなんですが、オダギリジョー演じる西岡がなんとも魅力で強く印象的に残った。

screenshot:Youtube 映画『舟を編む』予告編

内気な馬締が言葉を使って人とつながる、そのきっかけを作ったのは間違いなく西岡だ。はじめは「お前オレの話聞いてんのかよ」と馬締を突き放したりもしたが、常に愛を持って接していた。西岡が志半ばで理不尽な異動が決まり、辞書部を離れる前半部のラストで、馬締が西岡に言ったのがこの言葉。

馬締

あたまでっかちなだけじゃ生きてる辞書は作れない。そう教えてくれたのは西岡さんです

馬締は本当に周りの人間に恵まれ、辞書編纂というライフワークも見つけ、幸せな人間だな。まだ本作を観ていない人は、「言葉」を持って人とつながれるんだという勇気をここからぜひ得て欲しい!

「舟を編む」を無料で視聴する方法

主要VOD(映画配信サービス)での「舟を編む」の配信状況は次のようになっている。(※2021年2月現在、配信状況は日々変化しますので各サイトにて必ずご確認ください)

U-NEXT
定額視聴(無料期間あり)
Amazonプライムビデオ
定額視聴(無料期間あり)
Netflix
定額視聴(無料期間なし)
◎定額視聴(無料期間あり) 〇単品レンタル(300~400円程度) 
△定額視聴(無料期間なし)

「U-NEXT」「Amazonプライム」は追加料金なし無料で視聴することができる。継続的に視聴することも検討したい場合はぜひ↓の「無料視聴の方法・サービス比較」の記事もご覧ください。

無料視聴の方法・サービス比較はコチラ