40代の悩みに効く物語

人生このままでいたくないと思ったあなたがやるべき事(さすらいアフロ田中)

学校出て働き始めて数年、生活が安定してくると「なんだかオレこのままでいいのかなぁ」という気持ちになってくる人が多いと思います。生活が安定していれば他に言うことないじゃないかとも思いますが、生活が安定してくれば、それだけでは我慢できないのが人間です。

本作「さすらいアフロ田中」では、主人公の田中が「人生このままでいいのか」と悩み、会社を辞め、友人の村田と日本縦断の旅にでます。しかし、旅に出たからって何も見つからず…結局会社に戻って来て…という物語です。

前作「上京アフロ田中」を読んでいない方はぜひこちらも読んでください~。

このマンガを読むことで、「人生このままでいたくない病」が発生する原因と、結局この病はなんなのか?どうすればいいのか?を田中という他人事を通じて眺めることができます 笑。

アフロ田中シリーズ概要:モテない・夢ない・金ない現代男子の「悩み」が詰まっている。

アフロ田中とは、アフロ頭(天然パーマ)の持てない男・田中広のしょうもない日常マンガ。コミック10巻ごとにシリーズになっており、第1シリーズは、田中の高校生の話「高校アフロ田中」、第2シリーズが高校を中退したあとの話「中退アフロ田中」、第3シリーズが東京へ上京した話「上京アフロ田中」、そして第4シリーズが人生の目的を見つける旅に出る「さすらいアフロ田中」だ。

物語の登場人物は、田中と高校時代からの同級生である岡本、先輩である井上、村田、大沢という同じくモテない男たち、そして上京後には職場の先輩である、モテない中年デブ・西田さん、ナンパ師鈴木さんなどである。

高校時代からの仲間たちとは日々「セックスして~」「彼女がほしい…」と言いながらグダグダとした日々を過ごし、職場の先輩たちからはそんな田中へ様々な助言や風俗が提供される。

本作品は、田中の日々色んな事に失敗したり、へこんだり、開き直ったり、悟りを開いたりという心模様が、モテない・夢ない・金ない現代男子の共感を呼び、大ヒットマンガになったのだ。なんやかんや、ドラマや映画にもなりましたからね。Amazonプライムビデオ(Amazonプライムビデオの見方はコチラの記事を参照)で観れます。

映画「アフロ田中」はコチラから

WOWOWオリジナルドラマ「アフロ田中」はコチラから

現在の田中は、「高校」「中退」「上京」「さすらい」「しあわせ」「結婚」と6シリーズに及びついに完結をする。

田中の日常はだいたいこんな感じ
↓↓↓

あらすじ:もんもんとした田中は旅に出る

上京シリーズの最後は、やっとできた彼女マキがオーストラリアにワーキングホリデーに行ってしまい、田中自身もトンネル工事の現場が東京から千葉へ変わるというものだった。

第一話でマキがオーストラリアで浮気していることがわかり、あっさり破局。田中は失恋やら仕事のことやらでモンモンとし「旅にでもでようかなぁ」という一言で日本一周のさすらいがはじまる。沖縄ではゲストハウス暮らしを満喫していたが、金がなくなり、路上詩人にもなった。

ついに金が尽きて千葉へ帰ることに。旭工務店での久々の労働後に飲むビールの喜び、正社員の誘いから田中は再び働き始める。しかし「社長になる」と言ってみたり、「イノベーション」と言ってみたり、このままでいたくない田中の迷走は続く。でも日常の不満の根っこは「結局、彼女が欲しかった」という、またそこかい!という所に戻るのであった。

そしてついに運命的なナナコとの出会いを果たす。今回は田中が押すというよりは、ナナコの押しが強かった。はじめて彼女できるときってこんなもんだよね(オレだけ?)

彼女ができて以降の田中は、すっかりメンタルも落ち着ききってしまった。やっぱり彼女とセックスがあれば、、それで問題なかったという結論?にいたる。しかしその矢先に、自分の意思とは関係なく、会社の都合でカタールへ行く事なるというまさかの結末で終わる。

みどころ:人生このままでいいのか?

マキにふられた後、もやもやして「旅でようかな」とか言う田中に、職場の先輩鈴木は言う。

先輩・鈴木

旅に行きたいのなら、行ってまた戻って来てもいいんじゃないの?まぁ何よりお前は今若いのだから…若さを存分に楽しみなさいよ。

田中

若さを楽しめ…ってか…確かにこのまま…なんだかもや~~っとしたまま、人生を過ごしていくのもどうなのかな…かといって別に、旅に出たい訳でもなく…一体なんなんだ~このもやもやとした感じは~~~~~

自分の退屈な日常、自分以外の人は何か前に進んでいる感じがする、何か変わらなきゃ、でも何をすればいいのかわからない。じゃあ、違った環境に身を置こうと「旅に出よう」と言ってみたものの、正直めんどくさい。

高校中退後なんやかんやで真面目に働いてきて、、23歳になった田中。そうまさに今が「このままでいたくない」という病気が発病する頃ですね。

この病気がなぜ発病するのか?その正体と対策法を「さすらいアフロ田中」の場面から一緒に見ていきます。今まさに発病中の方、もうその時期を過ぎた方もきっと楽しめると思います。

「このままでいたくない」という迷路

きっと誰もが陥るこの「このままでいたくない」という病。田中は、マキにふられることに端にその病を発病。その病への処方箋は「夢を決める」こととなる。なんとなく生きてきたけどこのままでいいのか、自分はもっと何かできるのではないか。自分のやりたい事、夢はなんだ?という奴である。

本作では、先輩西田が田中にこんな言葉を投げかける。

西田

お前は今エネルギーはあるのだけれども、発散する方法が分からないがために、滞っている状態なのではないかな…。分かりやすく言うと今のお前は…おなかが張っている状態だ。その溜まったオナラは正しい方向に出してあげる必要がある。その正しい方向とは「肛門」…つまり「夢」だ!!

と言ってもこの夢を考えるというところが往々にして人生の迷路のスタート地点になってしまう。迷路の過程で出会うのは危機感や期待感、、何も見つからない虚無感である。

①オレもあぁなっちゃんうんじゃないか…という危機感

負のエネルギーとしてなんだかんだ強いのは「危機感」である。田中は、先輩西田が健康器具にまたがりながらフィリピン語を勉強している姿に強い危機感を感じる。西田のの夢は「タガログ語でマチルダ(フィリピンパブの女の子)を口説き落とす事だ」と言う。

田中

いや…でもアレは…どーなんだろう…アレは夢ってゆーのかな。このままもやもやしたままなんとなく月日が流れてしまったら…オレもまさかあーやって…!!

このままでは、オレもあんなダメな汚いおっさんになってしまう…と田中は強い危機感にさらされる。

②やりたいことがないということは何をやってもいい…という期待感

一方、夢を探している過程はポジティブに考えれば、どんな道にも進めるという風にとらええることができる。自分の道はもう決められている、消極的理由でこの会社で働き続けるしかない、この町で暮らし続けるしかないというよりはよほど自由で羨ましい状況かもしれない。

田中

特にやりたい事もないか…じゃあ逆に考えたら何をやってもいい訳かオレは、この全人生を使って!なんだ考えたらこの自由さは!

夢を探している時って苦しいけれど、こんな風に前向きになれる時もある。

③不満はないけど幸せじゃない…というもやもや感

夢探しが長く続くと虚無感におそわれてくる。負や正のエネルギーで心を沈めたり、躍らせたりしたけど、結局なんだかそのエネルギーは長続きしない。結局、ただただ変わらぬ日常を過ごしている自分に、むなしさを感じ始めるのだ。

田中

別に不幸ではないよな…なんの不自由もない、買おうと思えばそれなりのものは買えるし、衣食住全部揃っているし、生命の危険だって感じていない。なんだんだ…オレ達は何が不満なんだ・・・?彼女かなやっぱり…

そう、結局このもやもや感の正体は何なのだ?ほんとに夢がないことが理由なのか?と。そして、夢を叶えるという未来へ進む道が見つからないことではなく、今現在の生活が充足していないことが理由なのではないか、そして今足りないのは「彼女」という…結論。

まとめ:「このままでいたくない」あなたがやるべきこと

23歳のもやもやした男が「このままでいいのか」と煽られる機会は本当に多いですね。そんな我々が考えるべき方向は3つあります。具体的な行動法は、次の記事で紹介しますが、ここでは方向だけ解説します。

①あがいても人生そんなに大きく変わるわけじゃないので毎日の楽しみ見つける。

このさすらいアフロ田中の結末は、「ナナコという彼女ができた」、「旭工務店の社員として海外カタールへの転勤に行く」という2つの大きな出来事でした。

彼女が出来たこと、新しい世界へ転勤したこと、どちらも夢に向かって田中が劇的に日常生活を変えて努力した結果ではないというところがポイントですね。

そう多くの場合、人生は自分の大きな方向転換で動くのではなく、地道な日常生活の積み重ねによって、新しい道に出会うものなのだということだ。正社員として働くということは1日8時間、1週間で40時間、1年にすれば1,600~1,800時間もの積み重ねである。その結果田中は栄転(?)を手に入れたです。

人生の方向性は「大きな方向転換で動くわけじゃない」という考え方だ。その考え方に立てばやるべきことはなんだろうか。

②方向関係なく溜まったオナラ(エネルギー)は放出する。

ずばり田中のように旅に出るのもいいよね、という考え方だ。人生の方向性なんてウンウン考えていたって何か見つかるわけじゃない。でももうオナラ(エネルギー)が溜まってしょうがないのだったら、出してくればいいのだ。

それが「夢」と直結している必要などない。なぜなら溜まったオナラ(エネルギー)を放出するのが目的だからだ。ただし、期間を切るということは絶対に必要だ

田中は結果的に、金がなくなって日本縦断の旅、沖縄での暮らしを終えて、旭工務店に帰ってくることになった。まだオナラはお腹に残っていたが、このまま沖縄でダラダラとした日々を過ごし続ける人達がいるのも事実だ。そうならないよう注意は必要だ。

③オナラ(エネルギー)を出す正しい方向を真面目に探す。

もちろん「自分の人生の目的」を定めることに向き合うという選択肢もあっていいだろう。ちなみに田中は、「しあわせアフロ田中」という次のシリーズで一応自分のエネルギーを出す方向、つまり夢を設定することに、一応…成功するのだ。

そのことを考えると、半年や1年で自分の人生の方向性を見つける、というのは幻想かもしれない。色々やった結果わかることなのかもしれませんね。

①~③の具体的な行動についてはこれから執筆します。こうご期待。

というわけで、この「さすらいアフロ田中」では、20代中盤の男の人生迷いっぷりを笑って読める作品です。同年代の方は、ぜひ自分を重ねて読んでみたらいいと思いますよ。