マンガ

「なぜ働くのか?」「なぜ彼女ができないのか?」10代労働者の悩み(中退アフロ田中)

若かりし日のありあまる時間を、未来の自分のために投資をする、なんていう青春時代を送る人はまれだろう。高校を卒業した後、多くの人は、時間はあるけど、金がない、人生を楽しむ術もしらない大学生や労働者になる。

本作「中退アフロ田中」では、高校を中退した田中がでは一応「労働者」の仲間入りする。しかしなんで働かなきゃならんのじゃという感じだし、それよりも彼女が欲しい、やりたいという怠惰な日常を送る。

まぁ多くの人はこんな感じではないだろうか。

本作「中退アフロ田中」は青春とは無縁の退屈・エロ・劣等感ドラマです。中退は、「アフロ田中」シリーズの第2作となります。

既に、最新の結婚アフロ田中を読んだことがある方は、いまや「結婚」した田中の高校時代の実はあまりかわらない日常を楽しんでもらえればと思います。

アフロ田中シリーズ概要:モテない・夢ない・金ない現代男子の「悩み」が詰まっている。

アフロ田中とは、アフロ頭(天然パーマ)の持てない男・田中広のしょうもない日常マンガ。コミック10巻ごとにシリーズになっており、第1シリーズがこの「高校アフロ田中」、その後「中退」「上京」「さすらい」「しあわせ」「結婚」と5シリーズが続く。

高校アフロの主な登場人物は、田中と高校時代からの同級生である岡本、先輩である井上、村田、大沢という同じくモテない男たち。

高校時代からの仲間たちとは日々「セックスして~」「彼女がほしい…」と言いながらグダグダとした日々を過ごし、職場の先輩たちからはそんな田中へ様々な助言や風俗が提供される。

本作品は、田中の日々色んな事に失敗したり、へこんだり、開き直ったり、悟りを開いたりという心模様が、モテない・夢ない・金ない現代男子の共感を呼び、大ヒットマンガになったのだ。なんやかんや、ドラマや映画にもなりましたからね。Amazonプライムビデオ(Amazonプライムビデオの見方はコチラの記事を参照)で観れます。

映画「アフロ田中」はコチラから

WOWOWオリジナルドラマ「アフロ田中」はコチラから

中退アフロ田中のあらすじ

高校を辞めた田中は日々怠惰な生活を送る。母親からは家賃と生活費を入れろと言われ、庭にプレハブ小屋を建てて暮らすことに。

でも生活費は払えず、村田と共に東京に仕事に行く事に(金がたまったらすぐ帰ってきた)。

一方、同級生の岡村には彼女ができ童貞喪失(その後浮気される)、井上は大学デビューしたが結局怠惰な生活に。その井上のおかげで田中ははじめての合コンに参加(一応メアドゲット)。

免許を取るために親から借金をしたが、殻らず怠惰な生活を送る田中に、再び母親が「働け」プレッシャーをかけ、トラック配達の運ちゃんになる。

しばらくまじめに働くが、借金を返し終わるとモチベーションが低下。無断欠勤してみたりする。

相変わらずモテないが、昔知り合った公民館で働く淫乱娘とひょんなことから童貞を卒業する。

そしてなぜかプレハブ小屋に隕石が落ち、住む場所を失う。

みどころ なぜ働くのか?なぜ彼女ができないのか?

本作で田中がぶち当たる壁は「なぜ働くのか?」「なぜ彼女ができないのか?」だ。この問にに向き合う田中のお話をいくつかします。

なぜ働くのか?

「なぜ働くのか?」という哲学的な問いは、田中にかかれば「必要な時にしょうがなく働き」「必要なければ働かない」というだけである。

誰かオレに指示を出して!(第1巻)

高校中退した田中は、基本母親のプレッシャーをあびない限り働かない。と言いながら、たまに「こんなことでいいのだろうか」と人並みに悩んだりもする。

田中は、高校時代には「高校に行けという社会的な指示?」によって高校に通っていたということに気づき、こんなことを言い出す。

田中

なあ大沢…オレに何か指示を出してくれないか?オレって…誰かに命令されないと何もできない人間かもしれないよ…はずかしながら

そんな田中に出された指示は「童貞捨ててこい」だったのだが、途中でめんどくさくなってやめてしまう笑。

何のために働くのか(第7巻)

親への借金(車の免許取得のために30万借りた)を返すために、しょうがなく働き始めた田中だが、借金を返済し終わるとモチベーションを急激に下げる。

田中

今までは親に借金返すためっていう理由めいたもんがあったけども、それもこの間なくなってしまってね。貯金の額が増えるにしたがい、どんどん仕事する気がなくなっていくんだよね。

そんな田中に大沢が言ったのが「車を買え」だった。保険やらなんやらも払ってすっからかんになった田中はまたしょうがなく働き始めるのだった。でも無断欠勤とかしちゃう。

なぜ彼女ができないのか?

田中は井上に合コンを開いてもらったり、免許合宿の教官とちょっといい感じになったりするが、相変わらず彼女はできない。

彼女をつくるための秘訣はオナニーすること(6巻)

そんな田中がついに発見したことがこれ。その発見に大沢も驚愕する。

田中

オレは今、女の子を性の対象とした見れてないワケ!であるから…その女の子の人格まで興味がいってないんだよ!これじゃモテなくて当然だろ!?

大沢

いっぱいオナニーしとけばいいんじゃないか?女の子と会う前などに。オナニーする事がまさか…彼女を作る一番の近道だったとは…考えもしなかったな…

そして田中は合コンで出会ったユミちゃんとデートをする、オナニーをしまくった上で。しかし、ユミちゃんのセクシーさにやられ、田中はデート中もトイレに行って吐きつづけ、「もーいいかげんに出ないよ」となり、家路についたのだった 笑。

おわりに

高校を辞めた田中は、怠惰な生活を送りながら、時々母親からプレッシャーを受け、働いたりでも辞めたりを繰り返しました。

そんな日常に終わりをつげ本当の意味で実家を出るきっかけ(今までは実家の庭にたてたプレハブだったので)が、かなり強引な「隕石」がプレハブ小屋に落ちて、住むところがなくなるという展開…笑。

そんなこんなで、上京アフロ田中に続く。