家事の悩み

「今日の夕飯何にしよう」ともう悩まない!オンライン相談でコツを身に着けよう。

料理ができるようになりたい!と思いながら…いつまでたっても適当なザ・男料理をたまにつくるだけしかできない…という人多いですよね。

ちょっと前の私がそうです。一人暮らしをはじめてした19歳から20年(うち結婚して6年)の間まったく進歩していない。。

しかし、我が家では妻がフルタイムの仕事に復帰することをきっかけに、食事の準備も含めた家事完全分業制が導入され…私も料理を週半分は担当することとなったのです。

この記事では、そのために私が「料理ができる」ようになるために考えて実践したことを紹介したいと思います

結論から言いますと、私は「スキルマーケット ココナラ」の「オンライン相談」を活用して、「1週間毎日違う健康的なメニュー」を作れるようにしました。

料理が日常ではなく祭りになる理由

「料理ができる」ということを具体的に分解すると、下の3つに分けられるのではないでしょうか。

・何を作るか決めれる。
・作り方を知っている。
・買い物ができる。
・これらを毎日たんたんとできる。

これに対して、料理がいつまでもできない人間は、「レシピ本」や「クックパッド」ばかりを見ているのです。

そうすると1回の料理に対して「何を作るか」「作り方」を知る事はできます。でも1回こっきりです。

「買い物」は1回ごとで、「毎日たんたんとやること」なんてほど遠い。毎日が祭りのように時間をかけて食事を作らなくてはいけないのです。

これが「ザ・男の料理」なのです。今日は「お父さんが料理を作るぞー」ってやつですね。

1週間分のベースとなる型も持つことが必要

しかし妻を見ていると、1週間の食事のイメージをある程度立てて、週末に一気に買い出しをします。

聞けば、月曜日はこれで、火曜日はこれでと明確に決めているわけではないようです。ある程度応用効くものを揃えておいて、プラスアルファは家で余っているものとか、なければ平日仕事帰りにちょっと買い物をしてくるのです。

1週間何がこれくらいあれば、あれも作れるし、これも作れるしなんとかなるなというイメージができるのです。

つまり、この1週間分くらいのベースとなる型を持っている…これが「料理ができる」人になるために最も大事なことだったのです。

愛されなくても、コスパ多少悪くてもとにかく慣れるために

そこで…私が最初に取った行動は、ネットで調べるでした。えぇ「1週間献立」ってGoogleに入れれば、山ほど出てきます。

そう…山ほど出てくるのです。そして分かりました、ネット出てくる「献立」は、なんか知らんけどえらい写真映えしてて、凝りすぎて、はっきり言って難しそう…。

「愛され1週間献立」「コスパ最高」「作り置き」「節約」などなど、「1週間献立」の頭には様々な言葉が載ってくるのです。

料理ができない男にとって、これらはすべて不要なんです。

愛されなくても、映えなくても、多少コスパ悪くても、作り置きなんてできなくても、「とにかくわかりやすくて1週間ちゃんと食えるもん教えてくれ」なんですよ。

愛されるのも、コスパ気にするのも、ある程度できるようになってからで十分です。

そしてたどり着いたのが「ココナラ」でした。

ココナラとは「スキルマーケット」というキャッチがついているとおり、「出品者」と言われる自分のスキルを販売したい人と、そのスキルを購入したい「購入者」が出会うオンラインサービスです。

ここに様々な料理に関する相談や提案をしてもらえるサービスが出品されています。

ココナラの詳しい紹介、使い方などはコチラの記事をご覧ください。

実際に1週間のレシピを作ってもらった

ここで私が購入したのが、コチラです。

一週間おまかせ夕飯レシピをお届けします

毎日夕飯メニューを考えたくない時に便利で、無駄も省けます。

  • 販売価格:500円
  • 提供形式:PDF・各種提携ファイル
  • サービス内容:買い物リスト付きで一週間の夕飯メニューを作ってあるので、メニュー通りに調理してください。栄養バランスも考えた上で、材料も無駄なく使えるように作りました。

購入後の流れは、出品者さんとの簡単なやりとりののちに、PDFファイルでレシピが送られてくる、ただそれだけです。

それならネットや本でレシピ見るのと変わらないんじゃないかという声もあるかもしれません。

私もはじめそう思いました。本当に私の望むシンプルイズベストのものが手に入るのだろうか。わからないことは聞いていいのだろうか…?と。

そのことを出品者さんに正直にそのことを伝えました。

テリー

ありがとうございます!ちょっとやってみて質問あるかもしれないので、まだクローズしなくてもいいですか?

出品者さん

トークルームは、開けておきますので、いつでもお気軽に聞いてくださいね。お待ちしてます!

トークルームとは、出品者さんとのやりとりをする専用の掲示板みたいなページです。このトークルームを通じてPDFファイルを受け取ったあともやりとりができるとのことでした。

このトークルームは普通はサービスが納品されたらクローズするのですが、このようトークルームをしばらく開けて下さる方も多いです。クローズしたあとでも、出品者さんにメッセージを送ることもできますので、その点も安心です。

そして肝心のレシピもすごく良かったです。なぜって…メニュー名を見て、すぐに想像できるものばかりでした。「鶏肉のソテー」「鮭のムニエル」…などなど。

そう「ロールキャベツ」やら「照り煮」やら、、めんどくさそうなのいらんのじゃ~。

そして「ごはん・主菜・副菜・お汁」の基本4点セット。まさに求めていたものです。これで十分なのです。

どうでしょうか。毎日ごはん作るという力をつけたいという男性諸君ここからはじめては!

他にもこんな「料理の相談・提案」サービスの出品があります

ココナラには、本当に色んな料理の相談・提案してもらえるサービスがあるので、他にもいくつか紹介しておきますね。

ぜひご自身にあったものを見つけてください。

管理栄養士が1週間の作り置き献立提供します

作り置きで解消★毎日料理に時間を取られたくない方へ(4人分)

  • 販売価格:1,000円
  • 提供形式:テキスト
  • サービス内容:是非この献立を活用して時短・節約にチャレンジしてみてください!
    ・1週間の献立(1日4~5品の和洋料理)
    ・買い物リスト
    ・献立のレシピ集(目安→作り置きレシピ約5品・当日レシピ約15品の計20品)

販売実績161件で、評価は満点の大人気サービスですね。追加で第2弾、第3弾レシピ集もでているようですね。

一週間、毎日夕食作りのアドバイスをします

レシピや献立、調理のヒントなどチャットでできる事でお手伝い

  • 販売価格:1,000円
  • 提供形式:テキスト
  • サービス内容:スーパーで買いたい食品、気になる食品を見つけたらメッセージをください。どう調理したらいいか返信します。翌朝にどうやってリメイクしてお弁当にいれたらいいかもお伝えしますよ。

夕食のに相談に載ってくれるサービスの様ですね。相談しながらがいいという方はコチラがオススメ。

まとめ

この記事を書いたのは、料理興味あるけど、けっきょく料理する習慣が身に付かないという男性に、ココナラをオススメしたかったからです。

キレイな写真がいっぱい載ったレシピ本やレシピサイトは、慣れてくれば使えるんでしょうけど、料理できない人間にとっては一発打ち上げ花火をあげるようなもんです。

毎日コツコツ、味もコスパも気にしすぎずに料理初めてもらえたらうれしいです。ココナラなら、メッセージのやりとりもできるので、モチベーションの維持としてもいいと思いますよ。ではぜひお試しください。